弁護士紹介

弁護士あいさつ

当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
「大谷・佐々木・棚田法律事務所」所属弁護士の、棚田章弘(たなだ・あきひろ)と申します。

皆さまのなかで、「こちらの言うことをちっとも聞いてくれない」「兄弟なんだから、口出しせずに黙っていろ」といった経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか? もめ事とは、意見の対立に限らず、このような「まともに取り扱ってくれない」事態も含みます。

その原因は、相手方に「公平な解決を心がけよう」という意思がないからです。おそらく、親戚間や企業取引のパワーバランスにより、「足元を見られている」ものと思われます。しかし、ここに弁護士が入るとどうなるでしょう。相手は、「この問題は、こちらの思うとおりにはいかないぞ。いずれ、法律によって解決されるんだ」という覚悟が生まれるのではないでしょうか。

意見調整や問題解決に限らず、依頼人を相手方と同じ土俵に乗せるのも、私たちの大きな役割です。こちらの主張を真剣に受け取とめさせるためにも、弁護士を上手に活用ください。

自分で言うのも変な話ですが、もともと私は勉強が得意ではありませんでした。高校時代の成績は芳しくはありませんでした。それが大きく変わっていったのは、2人の友と出会ったからです。
1人は開業医である実家を継ぐため、もう1人は英語の可能性を信じ、本格的な勉強をはじめていました。彼らに負けたくない、それなら自分は弁護士を目指そう」。この気持ちが大きなモチベーションになり、無気力だった私を大きく成長させてくれたのです。
晴れて司法試験に合格した後は、丸の内にある法律事務所へお世話になり、法人・個人問わず幅広い事案を手がけました。おかげさまで、苦手な分野も特に持たず、オールマイティな基礎力が築けたのではないかと考えています。

今後は、こうした数々の「ありがたい縁」を、皆さまのために活用できたら、うれしい限りです。特に、高度成長期に建てられたマンションの老朽化が問われる昨今、不動産問題に力を入れていこうと考えています。

劣等生だった時代を通じて、弱者のやるせない思いや理不尽さは理解しているつもりです。「雑草魂」のある、地に足の付いた弁護士だからこそ、見える視点もあるはずです。理想論ではなく、常に結果を優先しますので、どのようなことでもフランクにご用命ください。

弁護士 棚田章弘

経歴

平成10年3月 長野県立飯田高等学校 卒業
平成14年3月 中央大学法学部 卒業
平成17年10月 司法試験合格
平成19年9月 最高裁判所司法研修所 終了
弁護士登録(東京弁護士会)
清水総合法律事務所 入所
平成22年4月 大谷・佐々木法律事務所 入所

弁護士への相談を迷っている方へ

紛争になる前にご相談いただいた方が、解決も早くなります。
例えば、離婚に際して証拠集めをするにしても、相手のガードが堅くなると入手が難しくなってしまうでしょう。相続では、今まで気軽に聞けたことでも口を閉ざされ、あるいは預金などを隠されてしまうかもしれません。

「カゼはひき始めが肝心」というように、法律問題も、「水面下の初動が肝心」です。法律と関係ないことでも構いません。「えっ?」という不自然さを大切にしてください。どんなことを相談していいのか分からないかもしれませんが、逆に、そのことを相談されてみてはいかがでしょうか。論点を整理して、「えっ?」の原因を明らかにいたします。

事務所案内

名称 大谷・佐々木・棚田法律事務所
住所 東京都中央区京橋一丁目1番9号千疋屋ビル6階
TEL 03-5299-1001
FAX 03-5299-1002

アクセス

各線「東京駅」八重洲口より徒歩約5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩約4分
東京メトロ各線「日本橋駅」B3出口より徒歩約5分
東京メトロ都営浅草線「宝町駅」より徒歩約7分

まずはお気軽にご相談下さい! 03-5299-1001 法務ノート よくある質問・Q&A 解決事例